2017年1月4日水曜日

Garmin Edge 520にincident detection(事故検出)が追加されました


Incident DetectionはEdgeが事故を検知した時にペアリングしておいたSmart Phoneから、事故の発生を緊急連絡先に通知してくれる機能です。Edge 1000やEdge 820には以前からあった機能ですが、Edge 520にもFirmware 10.00から追加されました。

Edge 520 software version 10.00

設定方法ですがEdge 520のマニュアルは更新されていないようでIncident Detectionの項目がありません。なのでEdge 820のマニュアルを参照して設定を行いました。

Setting Up Incident Detection

設定自体は難しくなくマニュアル通りに行えばつまづくところはありません。
設定が完了すると緊急連絡先に登録が完了したSMSメッセージが届きますので、正しく設定できているか確認できます。

トレーニングに出かける時はSmart PhoneでGarmin Connectを起動してEdgeのペアリングすれば準備完了です。家で待っている家族も心配しなくて済みますね。

2017年1月1日日曜日

2016年トレーニング統計

あけましておめでとうございます。
年も開けたので昨年2016年のトレーニング統計をまとめてみました。

Total

2015年末に子供が産まれたということもあり2016年は自転車に使える時間は減りました。ローラーではスピードセンサーを使っていないのでDistanceはすべて実走距離なのですが2014年6000km, 2015年5700km,2016年4300kmなので3割減ですね。
  • Duration:441:05:28
  • Time Moving:276:45:42
  • Distance (km):4378.334
  • Activities:181
  • Work (kJ):168050
  • W' Work (kJ):2486
  • Elevation Gain (meters):48705

PMC

年間を通して低空飛行(CTL50未満)でした。富士ヒル後の6月(梅雨)と8月(夏)は外を走らなくなってさらにCTLが低下しています。8月末から11月中旬にかけては週末ごとに沖縄対策練で積み重ねてピークがCTL76.3。某沖縄市民210kmチャンピオンはCTL120だったそうなのでフィットネスレベルからして比較になりませんね。

ゾーン別のトレーニング時間(割合)

トレーニングの割合として低強度:高強度が80:20が目安と言われていますが、概ねZ3以下とZ4以上が80:20になっていました。特に意識して分配しているわけではないのですが自然とこの辺に収束するのかもしれません。


CP推移(2014vs2015vs2016)

2014~2016のCP推移です。スプリント(5sec.)は低下、1分~5分は微増、20分は変わらずといったところです。1分~5分は主に体重が効いているだけな気もしますが…

まとめ

2016年は低ボリュームにもかかわらず従来と同じトレーニングをおこなった結果、なんとか現状維持といったところでした。引き続き2017年は低ボリュームシーズンとなるので、すこしでも向上を目指すにはトレーニングのやり方や目先を変える必要を感じています。

2016年12月31日土曜日

2017年のレース一覧(作成中)

2017年の自転車レース一覧(主に関東近郊)の作成中。
(どれに出るかはこれから考えます)
JCRCの日程が発表されたら反映予定です。

種別:(HC)ヒルクライム、(RR)ロードレース、(TS)ツーリング・サイクリングイベント

日程 種別 大会名 当日受付
1/29(日) RR 第1回東京都ウインター ロードレース大会(静岡)
2/26(日) RR 第2回東京都ウインター ロードレース大会(静岡)
4/9(日) HC 伊吹山ドライブウェイヒルクライム2017(岐阜)
4/16(日) HC ツール・ド・八ヶ岳(長野)
4/23(日) HC 東京ヒルクライムHINODEステージ(東京)
5/14(日)* HC 日本の蔵王ヒルクライム・エコ(山形)
5/21(日) HC 榛名山ヒルクライムin高崎(群馬)
5/21(日) HC 車坂峠ヒルクライム大会(長野)
5/21(日)* HC 富士山国際ヒルクライム(静岡)
6/11(日) HC 富士の国やまなし Mt.富士ヒルクライム(山梨)
6/25(日)* HC チャレンジヒルクライム岩木山(青森)
6/25(日)* HC 美ヶ原高原自転車レース大会(長野)
7/9(日) RR ニセコクラシック(北海道)
7/9(日)* HC 乗鞍スカイラインサイクルヒルクライム(岐阜)
7/16(日)* HC 戦国ヒルクライム in 韮崎・甘利山(長野)
7/30(日)* HC 矢島カップmt鳥海バイシクルクラシック(秋田)
7/30(日)* HC 東京ヒルクライムOKUTAMAステージ(東京)
8/6(日)* HC 枝折峠ヒルクライムinうおぬま(新潟)
8/20(日)* HC 矢板八方ヶ原ヒルクライム(群馬)
8/27(日)* HC 全日本マウンテンサイクリングin乗鞍(長野)
9/3(日)* HC 那須岳ヒルクライムレース(栃木)
9/10(日)* HC 嬬恋キャベツヒルクライム(群馬)
9/10(日)* HC 裏磐梯スカイバレーヒルクライム大会(福島)
9/17(日)* RR 秩父宮杯埼玉県自転車道路競走大会(埼玉)
9/24(日)* HC まえばし赤城山ヒルクライム(群馬)
9/24(日)* HC キング・オブ・ヒルクライム富士山(静岡)
10/1(日)* HC 東京ヒルクライムHINOHARAステージ(東京)
11/12(日)* RR ツール・ド・おきなわ(沖縄)









*日程未発表につき前年同時期で仮記載

2015年10月6日火曜日

【ベースビルド①1週目-火曜日】 648kJ/TSS59

日曜日の東京ヒルクライムHINOHARAステージをもって2015年のレースシーズンは終了。
今週から来シーズンに向けてベースビルド開始です。

ベースビルドといえば楽しい楽しいSST(Sweet Spot Training)
初日の今日は軽めに92%で30分から。徐々に時間を延ばしていきます


Interval Name時間距離 (キロメートル)エネルギー (kJ)平均出力 (ワット)平均心拍数 (拍/分)平均ケイデンス (rpm)

Entire Activity56:090.00064821114192

Lap 111:020.0008613011288

Lap 230:000.00045825415593

Lap 310:140.00010416913494


睡眠時間: 7H 起床時体重: 57.6kg

【memo】
・右の肩甲骨をフリーにするには肘を外に抜く感じ
・アップストロークは脇の下から外踝を外に放り投げる感じ
・左右のクリート位置のバランスでダウンストロークの荷重で左右差がでる
・ハンドルを下げるてお腹ポッコリポジションを実験してみたい
・ハンドルが近いかも?ステムを110mm→120mmも試してみる

2015年9月27日日曜日

第5回まえばし赤城山ヒルクライム大会 レポート

 レース後は曽山商店で山椒味噌饅頭


第5回まえばし赤城山ヒルクライム大会に参加してきました。

1:01:44(258W, 4.48W/kg), 男子Bクラス 6位

ベストタイムの更新を目標に望みましたが2年越しでの達成となりました。

2011年(第1回) 1:10:41
2012年(第2回) 1:03:20
2013年(第3回) 1:02:56
2014年(第4回) 1:09:32
2015年(第5回) 1:01:44 new!!




(1)レースデータからの振り返り
 
凡例: Power(黄色)、Normalized Poewr(ピンク)、心拍数(赤)、勾配(緑)、ケイデンス(水色)


①スタート~②畜産試験場
 勾配(緑)から分かる通り2%~5%と緩めなので集団になります(動画)。パワーも低めですね。左側に位置取りしたので行き場がなくて何度かヒヤっとしました。

②畜産試験場~③旧料金所
 ここからコンスタントに勾配が大きくなってきます。自分は先頭集団にある程度着いて行った所(グラフ上Powerが下がったところ)で、ペースを最後まで維持できないと判断して見送りました(動画)。この先集団効果も減りますしね。

③旧料金所~④姫百合駐車場
 コース中一番勾配がキツい区間です。旧料金所からしばらくはしばぞーさんやかずにーさんと一緒でした(動画)が気がついたら単独走に。独りになってからは淡々とペースを刻む事に集中しました。

④姫百合駐車場~⑤ゴール
 引き続きペース維持に集中していましたが腹圧の維持が難しくなって来たのも姫百合駐車場付近から。ポジションやサドル着座位置などなど色々試しながらパワーの維持に努める感じに。
 残り1km地点でようやくシナノッチさん含む先頭(?)集団に追いつき勢いでそのままスパート。後ろを突き放したいところでしたが力及ばずゴール手前でゴボウ抜きにあいました。(動画

(2)総括
②~⑤の区間についてはほぼイーブンペース(平均260W)を刻めたのでペーシングは上手くいったと思いますが、後半にパワー維持が難しくなる事がまだまだ多く修正方法がまだ確立できていないです。ここは今後の課題ですね。

(3)おまけ
 6位の副賞はぐんま甘梅、しょうが味噌漬け、ソックスでした。
自転車関連商品はすでに持っていたりして使わないことも多いので、食べ物や消耗品だとありがたいですね。

2015年9月26日土曜日

【テーパリング&レース週-サマリ】 合計1720kJ/TSS227

赤城山ヒルクライム前週はテーパリングにあてました。
あと年に数回しか乗らないレースバイク(Cervelo R3)のポジション出しに注力。
Vectorに使っているLook KEO互換ペダルって純正KEOペダルよりQファクターが広くてクリートセッティングに苦労しました。

月:レスト
火:聖蹟いろは坂インターバル(L5 5x2.5min) 372kJ/TSS62
水:聖蹟いろは坂インターバル(L5 5x2.5min) 420kJ/TSS75
木:3本ローラーで軽く20分
金:レスト
土:移動日
日:レース(赤城山ヒルクライム) 928kJ/TSS90

木曜日以降は疲労を抜くのに専念。Rumble Rollerとラクロスボールでひたすら筋膜リリース、気が向いたら軽く3本乗ったくらいですね。
自分の経験ではテーパリングは単純にボリューム減らすのではなく、ボリュームを落とす分強度をあげる方が良い結果に結びつく気がします。(普段は年間通してSST~L4主体なのでVO2Maxを入れる感じ)

水曜日のいろは坂インターバルの仕上げに全力走してみたらPR(1:53)が出せたので仕上がりはまぁまぁ良いのではないでしょうか。

2015年9月21日月曜日

【強化フェーズ3週目-サマリ】

強化フェーズ3はTd沖縄対策練が入ったのでやや多めの12時間/week。
先週よりL3多めで7300kJを越えました。
走っていてもフィットネス(CTL)があがってきた感が出てきました。


赤城山HCに向けた強化フェーズ(3週)を終えたので、残り1週間はテーパリングと準備に励みます。

時間:15:10:47
Time Moving:12:03:14
距離 (キロメートル):218.249
Activities:6
エネルギー (kJ):7397
TSS: 711
CTL:71.6


Critical Power (watts): 276
ゾーン説明Low (watts)High (watts)時間%
Z1Active Recovery01517:41:4651
Z2Endurance1512072:08:3914
Z3Tempo2072482:12:2515
Z4Threshold2482892:21:5716
Z5VO2Max28933126:333
Z6Anaerobic33141407:461
Z7Neuromuscular414MAX01:150